セキュリティ対策

インターネットは、世界中の人が利用しています。
その中には、悪意のある第三者から被害にあうことを、ニュースなどで一度は耳にされたことがあるかと思います。
その第三者からの被害に遭わないよう、日ごろから対策を講じることが大切です。

主なインターネットの危険の種類とは?

迷惑メール(スパムメール)
アダルト・出会いサイトのダイレクトメール、知り合いになりすましたメールなど無差別に送られてくる迷惑メール。中には、ウイルスや詐欺メールも。
迷惑メールの鉄則は、読まずに削除。
会員登録などの覚えのないメールの「購読解除」や「配信停止」から返信してしまうと、迷惑メール送信業者からのメールがかえって増える場合があります。
また、メールにはHTMLメールとテキストメールがあり、HTMLメールは、ウイルスを忍び込ませるなどの悪質な細工も可能です。メールを開くだけでメールアドレスの存在が相手に知られてしまうので、通常は、テキストでメールを受け取るようにし、必要な時だけにHTML表示することをお奨めします。

インターネット詐欺
クレジット番号を入手したり、ウイルスをインストールされたりする偽セキュリティソフト、覚えのないアダルト・出会いサイトの架空請求、銀行にみせた偽のWEBサイト(ホームページ)からIDやパスワードを入手するフィッシング詐欺など、手口が巧妙です。
慌てて対処せず、まずは国民生活センターなどに相談や、似た手口について事例を検索することをお奨めします。

コンピュータウイルス
メールの添付ファイルなどを経由して他のファイルに感染するウイルス、ネットワークを介してシステムのセキュリティホールを悪用して侵入するワーム、コンピュータのデータを盗む不正な動作をするトロイの木馬、パソコンを外部から操作できるようにするボットなど、手口が巧妙です。
コンピューターウイルスの感染を防ぐには、ウイルス対策ソフトの導入がもっとも効果的です。ウイルスは日々新たに作られているので、頻繁に ウイルス定義ファイルを最新の状態(アップデート)することも重要です。
なお、偽のウイルス対策ソフトもあるため、店頭や周囲での評判と、信頼できる製品を選びましょう。

お気楽ITお奨めのウイルス対策ソフトはこちら

また、パソコンを直接インターネットに接続している場合、パソコンにセキュリティホール(脆弱性)があると、外部からの攻撃を受けやすくウイルスに感染する確立が高くなります。ルーターを使用することにより、攻撃を遮断する防護壁機能(ファイアウォール機能)が備わります。

お気楽ITお奨めのルーターはこちら

有害サイト
子どもにとって有害な情報は閲覧しないように、パソコンにフィルタリングソフトやサービスを利用することをお奨めします。
財団法人インターネット協会にフィルタリングのソフトやサービスが紹介されています。

セキュリティ対策のポイント

  • 不審なメールは開かず削除
  • メールはテキストで表示する
  • インターネット詐欺と思われる場合、まずは相談・情報を収集
  • 信頼できるセキュリティ対策ソフトを選ぶ
  • セキュリティのソフトウェアを最新の状態にしておく
  • ファイアウォール機能の利用
  • 子どもの年齢に応じて有害なサイトを閲覧しないようフィルタリング

お気楽ITお奨めウィルス対策ソフトのご紹介


   「McAfee Managed Total Protection」

特長:

  • 面倒な設定やメンテナンスが不要
  • ウイルス定義ファイルの自動アップデート機能
  • パソコンに負担を掛けない軽いエンジン
  • 会社すべてのパソコンのウイルス対策を楽に管理

(※)企業向けのため、一般流通経路での入手はできませんので、お問い合わせください。

お問い合わせ・お見積もりはこちらから